このままでは定年後に老後資金がない、お金がない!?一つの対策は、、、

このままでは定年後に老後資金がない、お金がない!?一つの対策は、、、ライフプラン作成

年金だけでは老後資金が不足するって聞いたことないですか?

  • 生活できるだけの金額がもらえるのが年金じゃないの?
  • 老後資金が2000万円不足するって聞いたことはあるけど
  • このままで老後資金が十分なのか不足するのか分からない

今の生活を回していくのに精いっぱいで将来のお金までは考えられない、どう考えていけばよいか分からないという人が多いようです。

将来のお金を考えるには、本来は年金制度のほかにも定年後の働き方、保険やローン、投資、介護など幅広い知識が必要なのですが、これが足りていないのです。

この記事では、定年後のお金に関する知識を効率的に獲得する方法を考えていきます。

お金の知識が無いと定年後に老後資金が不足する!?

お金の知識

会社員なら働いて所定の給料をもらう、頑張って成果を上げれば給料やボーナスが上がる、昇進する、など会社の中ではある程度お金のルールは明確です。

しかし会社の外の世界では、お金のルールを知っていれば得をする、知らないと損をすることが往々にしてあります。

  • 公的年金の受け取り方によって支給総額が数百万円も違う
  • 思った以上の出費となる介護費用も事前対策の有無で負担がかなり違う
  • 受給資格はあっても自分から申請しないと支給されない補助金、給付金もある
  • 住宅ローンは早いうちに繰上返済することで返済総額をかなり減らせる
  • 贈与、相続は事前に考えておくことで納める税金額が大きく変わる

金額によっては老後資金にも影響することもあります。

お金の基本知識だけは専門家に任せず自分で押さえておこう

お金の知識を学ぶ

ひと言でお金の知識と言っても押さえるべき分野が幅広いうえに、それぞれに奥が深いので一般の人がマスターできるレベルではありません。

ですから人生に関わるような大事なシーンでは専門家の助けを仰ぐことも必要でしょう。

しかし国の制度や各種の金融商品などを上手く利用して資産を豊かにしていくためには、基本的な知識は私たち一人ひとりが持っている必要があります。

一つの解決策として、お金について広く学べる「定年後設計スクール」(ファイナンシャルアカデミー)という講座があります。

この講座では、家計、年金、住まい、仕事、資産運用、医療・介護、相続・終活など定年後のお金への備え方を体系的に学べます。

定年後設計スクールの内容

ファイナンシャルアカデミーの講座「定年後設計スクール」では下の内容が学べます。

定年後設計スクールの主な内容
  • 定年後の家計設計とマネープラン
  • 家計改善の基礎知識、バランスシート
  • 生命保険・医療保険の基本、定年後に向けた保険の再設計
  • 公的年金制度の仕組み、自分の年金受給額を知る
  • 年金受給額を増やすには
  • 自分年金の作り方、使える金融商品
  • 定年について考える
  • 定年後の仕事/キャリアプラン、定年起業
  • 老後の生きがい、仕事以外の活動、健康について
  • 定年後の住まい、高齢期の住まい
  • 定年後のマイホームの行く末、二世帯住宅
  • 住宅ローンの負担を減らす方法、リフォーム
  • 資産運用の基本
  • 投資信託、証券投資と税金、NISA/iDeCo
  • 不動産投資、自宅を兼ねて収益を得る方法
  • 老後の健康と医療、公的健康保険制度の仕組み
  • 公的介護保険の仕組み、介護負担の軽減
  • 親の介護について、介護費用
  • 相続の基本と相続税対策
  • 生前贈与、贈与税対策、家族信託による贈与
  • エンディングに行うこと、葬儀とお墓

詳細は定年後設計スクールの公式サイトでご確認ください。

↓  ↓  ↓

定年後設計スクールが安心できる理由

とはいえ定年後設計スクールもある程度の学費が必要ですから、実際に受講するかどうかの判断は慎重にしたいです。

定年後設計スクールについて確認しておきます。

定年後設計スクール
  • 延べ58万人が学んだマネースクール、ファイナンシャルアカデミーが運営
  • 講師は日本FP協会認定のファイナンシャルプランナー(国際資格のCFP)をはじめとした専門家
  • 受講を申し込む前に2.5時間のWEB体験セミナーで講座の概要を学べる
  • 中立の立場で授業を行い、金融商品の紹介、販売は行わない
  • 実際の授業の様子(動画)、教科書や補助資料の一部を公式サイトで確認できる
  • スクールの内容に満足できなかった場合は受講料が全額返金される

ファイナンシャルアカデミーは、お金について幅広く学べる日本最大級の総合マネースクールです。

6種類のメインとなるスクール(講座)の他にも、各種のゼミ、アドバンススクールが開催されています。

2002年創立から延べ58万人が学んでいて、多くの新聞、テレビ、雑誌などで取り上げられています。

定年後設計スクールについても、無料のWEB体験セミナーなど事前に内容を確認できる仕組みが整えられており、申込み後も全額返金の制度があります。

具体的な内容は定年後設計スクールの公式サイトで確認できます。

↓  ↓  ↓

定年後設計スクールの受講生の声

ファイナンシャルアカデミーの公式サイトには多くの受講生の声が掲載されています。

ここでは定年後設計スクールを受講された中の4名の声を引用しておきます。

家計簿もつけたことがなく、この年まできてしまいましたが、定年後設計のプランをまとめるミライボと出会ったことで、知るべきことが山ほどあることがわかりました。定年後に必要なことがわかるスクールの受講を、教室受講とWEB受講を使いながら、夫と一緒に学んでいきたいと思っています。
(高田 智子さん)

ファイナンシャルアカデミーといえば、お金の学校なので、定年後設計スクールは、経済的な対策を教えてくれるものだと思っていました。実際に受講すると、お金の面だけではなく、老後の総合的な不安4Kについての対処法を学べました。お金、健康(医療)、介護は「知っていること」が大きな武器になりますし、孤独への気づきとヒントもありました。老後の住まいやお墓事情まで最新の情報がカバーされていたのも、大変興味深かったです(笑)。
(坂田 信志さん)

年金、介護、終活など、テーマが多岐に渡ったので、講座ごとに、何か1つ行動することを心がけてました。相続の回では2人の子どもたちへの相続対策を考えてみたり、先日の終活の回の後は、エンディングノートも買ったりしました。こうやって1つ1つ行動を増やしていこうと思ってます
(石川 純一さん)

今まではお金の苦労をしないできましたが、夫の定年退職がいよいよ迫っていたタイミングでこのスクールと出会い、老後に苦労することのないよう、勉強を始めました。受講して、年金の受給額への不安もなくなり、保険を見直してみようとか、終活を考えたりだとか、具体的なイメージが湧いてきました。年金、介護、運用など、テーマごとの教科書は、部屋の一角にコーナーを設けて辞書のように使っています。
(島津 信枝さん)

(出典:定年後設計スクール公式サイト)

定年後設計スクールの公式サイトには他の受講生の方の声も掲載されています。

ご確認してみてください。

↓  ↓  ↓

今なら2.5時間のWEB体験セミナーが無料さらに今月だけの特典も

今なら定年後設計スクールの申込み前、申込み後の両方に特典があります

  • 2.5時間のWEB体験セミナーが無料(スクール申込み前)
  • 今月だけの特典(スクール申込み後)

2.5時間のWEB体験セミナーが無料(スクール申込み前)

定年後設計スクールの体験はWEB体験セミナーと教室セミナーの2種類があります。

しかしコロナの影響で、できるだけ外出を避け自宅で受講をしたいという人が増えています。

そのためWEB体験セミナーは本来は1,000円のところを現在は無料で開放しています。

授業でどのような知識が得られるか具体的に知りたい人は、これを見てから受講を申し込むかどうか決めると良いでしょう。

公式サイトから申し込めば、すぐに視聴できます

↓  ↓  ↓

今月だけの特典(スクール申込み後)

12月27日(日)までに定年後設計スクールを申し込むと次の2つの特典のうち1つを選んで無料で受講できます。

特典A:経済入門スクール

物価や金利が変動する仕組みから、国の政策、世界の経済動向まで資産運用にも生活にも役立つ経済の知識を基礎からしっかりと学びます。
(WEB受講・受講期間2年間 定価:38,000円(税別))

特典B:マイホーム購入スクール

生活コストの中でもっとも大きなシェアを占める「住宅」の生涯コストを2割下げ、貯蓄に1,000万円以上差をつけるための賢いマイホームの購入方法を学びます。
(WEB受講・受講期間2年間 定価:38,000円(税別))

どちらもファイナンシャルアカデミーで常設している正規の講座です。

↓  ↓  ↓

まとめ:基本的な知識は自分で身につけておく

お金の基本的な知識を学ぶ

お金の話は複雑であったり難しかったりすることが多く一生の中でも大事なシーンでは専門家の助けを仰ぐことも必要でしょう

でも金融商品や国の制度などを上手く利用していくためには基本的な知識は私たち一人ひとりが持っている必要があります

このスクールはそのための選択肢の一つです。

気になる方は無料のWEB体験セミナーだけでも受講してみると良いと思います。

↓  ↓  ↓

タイトルとURLをコピーしました