本サイトはプロモーションが含まれています

支出

FPの資格

ファイナンシャルプランナー資格が自分のためにも役立つ9つのシーン!何級まで取ればいい?

ファイナンシャルプランナーの資格を取るために勉強する内容は仕事だけでなく自分のためにも役立つ知識が多いです。では何級まで取れば良いのか?できればFP2級まで取得するようにしましょう。さらにAFPまで取得すれば副業にも活かせます。自分のためにもファイナンシャルプランナーの資格を目指してみませんか?
お金の基礎知識

配偶者居住権は相続税の節税にもなる!覚えておきたい8つのポイント!

配偶者居住権とは亡くなった人(被相続人)の配偶者が、亡くなった人の所有する建物を無償で使用できる権利です。相続の際に配偶者居住権を設定することで二次相続で相続税を節約できることがありますが注意すべきこともあります。この点も含めて配偶者居住権の設定について覚えておきたい8つのポイントを説明します。
お金の基礎知識

マイカーとレンタカー、カーシェアの違いを比較しました どれがお得?

マイカー、カーシェア、レンタカーの費用を調べた具体的な金額を紹介します。週1ぐらいの近場利用ならカーシェアが最も経済的です。最近は公共交通が発達した都市部では子どもの成長で車を使うシーンが減った人が多いです。現状に疑問があるならなるべく早く決断することをお薦めします。
お金の基礎知識

子どもの結婚費用 親の援助はいくら? その贈与は非課税になる?

結婚費用として親から子どもへ援助する金額やそのお金の準備、援助にあたっての税金について説明します。お子さんの結婚時期が未定なら具体的な費用は分かりませんが小さな金額ではないので計画的に準備する必要があります。間近になって急に慌てなくていいように今から考えましょう。
お金の基礎知識

大学の学費は大学だけじゃない!資格取得や大学院にもお金がかかります

お子さんを大学に通わせると大学の学費以外にも資格取得や大学院など予定外にお金がかかります。この記事では大学の学費と併せて資格取得の費用や卒業後の大学院の学費も紹介します。親として負担する部分を決めてライフプランの中で計画的に教育費を準備することを考えましょう。
お金の基礎知識

老後資金はいくらあれば安心?夫婦/一人暮らし(独身)で必要金額を試算!

老後資金は夫婦、一人暮らし(独身)それぞれで、いくらあれば安心でしょうか?総務省などのデータを基に試算した結果、老後資金は夫婦で約1,900万円、独身でも約900万円を用意しておけば、ひとまずは安心できそうなことが分かりました。一度は自分の老後資金の必要額と準備する方法を確認しておきましょう。
お金の基礎知識

老後2000万円の内訳は?問題の報告書を紹介!老後資金について考えてみましょう

老後2000万円問題とまで言われた老後に必要となる2000万円の内訳を報告書を実際に読んで確認しました。併せて報告書全体についても簡単に紹介します。この報告書は実は高齢化社会を迎えるにあたってお金についてとても順当なことを述べている報告書でした。現代は価値観が多様化し必要な老後資金も人それぞれです。
お金の基礎知識

住み替えたいとき持ち家はどうする?移住・住みかえ支援機構は使える?

住み替えで持ち家を売却したり賃貸に出す場合の注意点や持ち家を借り上げてくれる移住・住みかえ支援機構(JTI)についてお伝えします。住宅ローンが残っていての売却は要注意ですし賃貸に出しても安定した家賃収入の保証はありません。住み替えで持ち家をどうするか迷ってる人は参考にしてください。
お金の基礎知識

ライフプランでお金(費用)は何に必要?ライフイベントの支出も忘れずに

ライフプランに含める支出項目である日常の生活費、教育費、ライフイベントの費用、医療介護費用などについて説明します。ライフプランを立てるには将来にわたる支出の項目を洗い出し、できる限り実際に近い時期と金額を予測してシミュレーションを行います。
お金の基礎知識

住宅ローンの繰り上げ返済はデメリットもあり?メリットばかりじゃないかも

住宅ローンの繰り上げ返済の考え方や金額のシミュレーション、メリット/デメリットを、繰り上げ返済で予定より早く完済できた経験者が説明します。繰り上げ返済の効果、メリットやデメリットが理解できるので、繰り上げ返済をすべきかどうか自分の行動を決められるようになります。