ライフプラン

ライフプラン

40代、50代からのライフプランはリスク管理、資産運用も考えることが大事

定年や退職が視野に入ってきた世代が考えたいライフプラン作りやリスク管理、資産運用の考え方を紹介します。ライフプランはとても重要です。この記事を読めば将来にわたって経済的に不安のない、自分のやりたいことができる充実した人生を送ることができるようになります。
2020.08.07
ライフプラン

住み替えたいとき持ち家はどうする?移住・住みかえ支援機構は使える?

住み替えで持ち家を売却したり賃貸に出す場合の注意点や持ち家を借り上げてくれる移住・住みかえ支援機構(JTI)についてお伝えします。住宅ローンが残っていての売却は要注意ですし賃貸に出しても安定した家賃収入の保証はありません。住み替えで持ち家をどうするか迷ってる人は参考にしてください。
ライフプラン

配偶者のパートで気になる5つの「年収の壁」とは?扶養はどこまで?

パートで働く際に存在する5つの年収の壁について、その金額、手取り収入への影響、対処法を説明します。税金と社会保険の2つに存在する年収の壁の詳細を知ることでパートの契約にあたって自分の希望する収入や働き方に合った就業時間や期間を決められるようになります。
ライフプラン

子どもの結婚費用に親の援助も必要 その贈与は非課税になる?

結婚費用として親から子どもへ援助する金額やそのお金の準備、援助にあたっての税金について説明します。お子さんの結婚時期が未定なら具体的な費用は分かりませんが小さな金額ではないので計画的に準備する必要があります。間近になって急に慌てなくていいように今から考えましょう。
ライフプラン

大学の学費は大学だけじゃない!資格取得や大学院にもお金がかかります

お子さんを大学に通わせると大学の学費以外にも資格取得や大学院など予定外にお金がかかります。この記事では大学の学費と併せて資格取得の費用や卒業後の大学院の学費も紹介します。親として負担する部分を決めてライフプランの中で計画的に教育費を準備することを考えましょう。
ライフプラン

マイカーとレンタカー、カーシェアの違いを比較しました どれがお得?

マイカー、カーシェア、レンタカーの費用を調べた具体的な金額を紹介します。週1ぐらいの近場利用ならカーシェアが最も経済的です。最近は公共交通が発達した都市部では子どもの成長で車を使うシーンが減った人が多いです。現状に疑問があるならなるべく早く決断することをお薦めします。
ライフプラン

定年後の再雇用で給与はどれぐらい下がる? 平均を調べてみました

定年後の再雇用の給与などを調べた調査では給与は2割~5割減る人が多いことが分かりました。ただし給与はそれぞれの会社の再雇用の規定によって大きく変動します。まずは自分の勤め先の会社の再雇用制度を確認してみましょう。なお再雇用で働くことで給付されるお金についても紹介します。
2020.07.02
ライフプラン

老後2000万円問題 今さらながら発端となった報告書を読んでみた

老後2000万円問題の報告書は実は高齢化社会を迎えるにあたってお金についてとても順当なことを述べている報告書でした。現代は価値観が多様化し必要な老後資金も人それぞれ。不足する分は自助努力で補わなくてはなりません。資産形成の開始は早ければ早い方がよいのです。
2020.07.01
ライフプラン

年金いくらもらえる? 夫婦と独身の違いは? 早見表でラクラク試算

早見表あるいは「ねんきん定期便」で簡単に自分の年金を試算できる方法を説明します。自分や夫婦のおおよその年金額が分かりますので、将来のライフプランについてもより具体的に考えることができます。公的年金は退職後のライフプランの重要な要素の一つですから一度は確認してきましょう。
2020.06.25
ライフプラン

住宅ローンの繰り上げ返済はデメリットもあり?メリットばかりじゃないかも

住宅ローンの繰り上げ返済の考え方や金額のシミュレーション、メリット/デメリットを、繰り上げ返済で予定より早く完済できた経験者が説明します。繰り上げ返済の効果、メリットやデメリットが理解できるので、繰り上げ返済をすべきかどうか自分の行動を決められるようになります。
ライフプラン

公的年金の制度と種類 知らないと損するかも!?

公的年金を理解すれば将来にわたって経済的に不安のない充実した人生を送ることにつながります。この記事では公的年金の種類、給付、税金など公的年金の全体像を説明します。公的年金が自分にとっても有益なであることが分かり、現実的で実現可能なライフプランを計画できるようになるのです。
2020.06.12
ライフプラン

個人年金保険とは?メリット・デメリット、保険料の控除を解説

個人年金保険は着実に貯蓄ができますし税金面で控除もありますが、大きなリターンがあるわけでもなくインフレに弱い点がリスクになります。個人年金保険の内容、メリット、デメリットに加えて、気になる税金の控除についても解説しています。加入するかどうかは、これらをよく吟味して決めてください。
タイトルとURLをコピーしました