マネ識では、あなただけのライフプラン表を作成するサービスを行っています


マネ識では、あなただけのライフプラン表を作成するサービスを行っています


ライフプランとは?シミュレーションで簡単に分かる あなたのお金の将来

ライフプランをシミュレーションライフプラン作成

あなたは将来にわたってお金の心配は無いですか? 安心ですか?

どうかなー、以前、老後資金2000万円問題というのもあったし、、

貯金は少ないけどまだまだ教育費がかかりそう、、

住宅ローンが残ってるし、、

みなさん現在お金に困ってるわけではなくても、将来については漠然としたイメージしかなくて、なんとなく不安といった感じでしょうか。

そのままでは将来、取り返しのつかないことになるかもしれません!

シミュレーションしてみると簡単に分かるんです!

現在分かってる情報でシミュレーションしてみると、将来のお金の状況が簡単に分かります。

それを基にライフプランを作れば、将来もお金の不安がない、自分のやりたいことができる充実した人生を送ることができるようになるのです。

この記事では、ライフプランを作ること、そしてシミュレーションでどんなことが分かるのかを紹介します。

いっしょに見ていきましょう

ライフプランを作るってどういうこと?

中年夫婦

ライフプランとは家族世帯であれば家族の、独身世帯であればご自分の「現在から将来にわたるお金の計画」です。

現在から老後までの間に入ってくるお金、出ていくお金を考えて、一生涯お金の不安がないように計画を立てるのです。

そのためには今わかってる情報でシミュレーションしてみるのが第一歩です

まずは、今の時点で想定している収入や支出で老後まで大丈夫なのかシミュレーションしてみます。

シミュレーションの結果、生涯にわたってお金の心配が無さそうなら、ひとまず安心。

今の時点の想定が当面のライフプランです。

もし将来のどこかで破綻しそうなシミュレーションの結果だったら要注意。

何か対策を考えなければいけません。

詳しくは次から説明します。

自分のライフプランを考えてみよう

PCを見る夫婦

では、あなた自身のライフプランについて考えてみましょう。

将来のお金の見込みを数字で出してみる

誰でも生活していれば、いま現在の毎月の生活費などの支出、会社勤めなら給料などの収入が、ある程度決まっているでしょう。

そして将来に目を向ければ、お子さんの教育費、住宅購入などの大きな支出や、自分の引退後は年金が収入の柱になることは、なんとなく想像できているはずです。

それが、ぼんやりとしたものであっても現時点のライフプランと言えます。

でも、ぼんやりしているので「将来も本当に大丈夫?」と念を押されたら不安になってしまいますね。

ですから先ずは今の時点の情報を使って将来のお金の見込みを数字で出してみるのです。

数字で表すことで将来のお金の状況が正確に分かるんですね

そうですね。あくまでも「現時点で分かる範囲で」ですが

将来のお金の見込みを数字で出すためにシミュレーションを行います。

シミュレーションで何が分かる?

先ず下の図を見てください。

これは4人家族をモデルとしてシミュレーションした結果の金融資産残高の推移を表すグラフです。

将来のお金の状況が、ひと目で分かります。

シミュレーション結果1
シミュレーション結果1 良い例

この例ではシミュレーションの最終年(世帯主:94歳、配偶者:90歳)まで金融資産残高はプラスの状態を維持していますね。

つまり現時点で想定している収入や支出の見込みの通りに暮らしていけば、お二人が90歳になるまで資産が底をつくこと無く生活できそうです。

今の時点ではライフプラン(想定している収入や支出の見込み)に問題は無さそうですね。

これなら一生安泰ですね

あくまでも“現時点の見通し”ですが、ひとまず安心ですね

次は2つ目の例です。

シミュレーション結果2
シミュレーション結果2 悪い例

この例では残念ながら最後の方でマイナスになってしまっています。

あっ、やばそう

どうしてこうなっちゃうの?

何が影響してこの結果になったのか考えてみましょう

シミュレーション結果に影響を与えるものは?

上の2つのグラフを見てお分かりのように、生涯にわたってお金の心配なく暮らすためには、グラフをプラス方向(上方向)に上げなくてはいけません。

ライフプランを改善

このグラフにプラス方向に影響するものとマイナス方向に影響するものは次の通りです。

  • プラス方向に働くもの

  給与収入、退職金、年金収入、貯金など

  • マイナス方向に働くもの

  生活費、住宅費、教育費、子どもの結婚、海外旅行など

この中のどれかを見直す必要がありそうなんですね

そうですね、それらを意識してライフプランを考え直す必要がありそうですね

具体的な対策を考えます

考えることは、「プラス方向に働くもの」を増やし「マイナス方向に働くもの」を減らす対策をすることですね。

それも具体的に数字を入れて考えます。

例えば、「年収100万円のアルバイトを定年退職後の60歳から5年間行う」といった感じです。

ただし大事なことは、無理な対策を考えないことです。

無理な対策は実行を続けるうちにストレスが溜まり、途中で実行できなくなってしまいます。

そしてもう一つ大事なことは「楽しい人生」を意識すること。

人はお金のために生きているのではなく、幸せな人生を送るためにお金を使うのですから、楽しみをすべて奪ってしまうような対策は避けます。

何のために生きてるのか分かんなくなっちゃたらイヤよね

対策を考えるのは意外に難しいなあ

そうですね、将来の生活をイメージしながらじっくり考えてみましょう

プラス方向を増やす対策の例

  • 定年後も再雇用や再就職で働く
  • 時間とスキルがあったら副業を行う
  • 毎月の貯金額を増やす

マイナス方向を減らす対策の例

  • 日常の生活費のムダを見つけて削減する
  • 住宅の購入予算を減らす
  • 賃貸料の安い住宅に引っ越す
  • 趣味にかける費用を見直す(海外旅行の回数を減らすなど)
  • 子どもの教育費を見直す(公立の学校、自宅通学、塾費用など)
  • 車を買い替えるインターバルを延ばす

生涯にわたってマイナスにならないようにライフプランを作ろう

上で述べたような対策を織り込んで、もう一度シミュレーションしてみます。

その結果、やはりまだ資産がマイナスになる時期があるようなら、対策を見直して再びシミュレーションを行います。

ライフプランの改善

生涯にわたって資産がプラスになるまで、これを繰り返します。

これができたら、ひとまず安心。

ここで考えた対策を含めて今後のお金の計画が、あなたの今の時点のライフプランとなります。

ようやくライフプランの形になりました

将来もちゃんと暮らせそうで安心だわ

よかったですね、お疲れさまでした

大きなイベントがあったら見直そう

住宅

ライフプランができたからと言って、将来ずっと安心というわけではありません。

これから何十年と生きていく間には、お金についてのイベントでも予定外のことが起きることがあります。

  • 住宅購入で予算をオーバーした
  • 予定していたよりも教育費用が多くかかった
  • 退職金が想定していたよりも多かった(少なかった)
  • 子どもの結婚に意外に多くのお金が必要だった
  • 予定していた再就職先で働けなくなった

これらはほんの一例ですが、こういったことが起こると以前作ったライフプランとはズレてきてしまいます。

お金の状況が大きく変わるようなイベントが発生したらライフプランを作り直しましょう。

たしかに最初の想定とズレてきたら将来の見通しも狂ってきてしまうね

はい、大きなイベントが発生したらライフプランを見直しましょう

先ずは一度シミュレーションをしてみましょう:まとめ

テーブルで向き合う男女

あなたの思い描く将来のライフプランを支えるためにも、お金についてもちゃんと計画しておきたいものです。

ぜひ一度シミュレーションを行ってライフプラン表(キャッシュフロー表)で将来のお金の状況をチェックすることをお薦めします。

下のそれぞれの記事が参考になりますの確認してみてください。

  • ライフプランの立て方全般について

⇒ ライフプランとは?立て方を学んで人生で叶えたい夢を実現するノウハウ

  • 4人家族をモデルケースとしたシミュレーションの例

⇒ ライフプランをモデルケースで作ってみた 4人家族の例でシミュレーション

  • ライフプラン表(キャッシュフロー表)の作成を依頼する

⇒ FPがあなただけのライフプラン表を作成します

タイトルとURLをコピーしました