本サイトはプロモーションが含まれています

クージロー

FPの試験

FP1級の合格率と合格点、受験者数、難易度 – 学科試験は難関!実技試験は?

FP1級の合格率、合格点、受験者数から難易度を説明します。FP1級の学科試験は合格率が低く、かなり難易度が高くなっています。実技試験は日本FP協会も きんざいも合格率は高く難易度はそれほど高くないので科目の違いや試験形式で自分の得意な方を選ぶと良いでしょう。勉強時間を十分に確保してチャレンジです!
FPの試験

FP1級の受験資格と合格までの4つのルート!実務経験なし面接苦手でも取れます

FP1級の受験資格は、きんざいだけで学科試験が実施されていたり、日本FP協会のCFP資格審査試験の合格で実技試験を受験できたりと複雑です。そのためFP1級合格までのルートは主に4つ。実務経験が無い人も面接が苦手な人もFP1級になれるルートがあります。この記事で詳しく説明しますので参考にしてください。
FPの試験

ファイナンシャルプランナー(FP)3級と2級 独学で期間は計7ヶ月 26,530円で資格を取得できました

未経験でも独学で勉強開始から7ヶ月の期間でFP3級と2級に合格できました。独学ですから費用も安く2回分の受験料を含めて26,530円に抑えることができました。「お金」は誰も避けて通ることができない大事な問題です。ご自身のマネーリテラシーを高めるためにも、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
FPの資格

FP(ファイナンシャルプランナー)には国家資格と民間資格が!?種類の違いは何?

FP(ファイナンシャルプランナー)には厚生労働省の国家資格(FP1級、FP2級、FP3級)と日本FP協会のCFP、AFPがあります。FP1級、FP2級、FP3級はFPとしての知識の修得が主で、CFP、AFPは、さらにお客様に向けてのコンサルや提案を重視しています。FP資格は仕事だけでなく自身の生活やライフプランにも大いに役立つ資格です。
FPの資格

ファイナンシャルプランナー資格が自分のためにも役立つ9つのシーン!何級まで取ればいい?

ファイナンシャルプランナーの資格を取るために勉強する内容は仕事だけでなく自分のためにも役立つ知識が多いです。では何級まで取れば良いのか?できればFP2級まで取得するようにしましょう。さらにAFPまで取得すれば副業にも活かせます。自分のためにもファイナンシャルプランナーの資格を目指してみませんか?
FPの通信講座

CFP通信講座の比較ランキング!おすすめの講座で資格審査試験を最速突破しよう

CFPの通信講座を受講料や講座の内容で比較しました。その結果、受講料のランキングでも講座の構成でもLEC東京リーガルマインドの通信講座が一番おすすめです。しかし人によって通信講座に期待する内容や目的が異なると思います。この記事を参考にご自身でも十分に検討して自分に合った通信講座を見つけてください。
FPの試験

FP1級の受験資格は実務経験なしでも得られる?CFP目指す人は資格審査試験でOK

FP1級の受験資格は実務経験なしでも得られます。その唯一の方法がCFP資格審査試験の全6課目に合格する方法です。もちろん、CFP資格審査試験の全6課目に合格するのは楽ではありませんが、しかし実務経験が無いのなら今から年単位で実務経験を積むよりは、こちらを目指すのが良いでしょう。
FPの資格

AFPとCFPの違い!どっちを目指すのが正解?年会費や難易度の差異も

AFPとCFPの違いは、資格の位置づけ、年会費や難易度など、さまざまですが、AFPはFPで仕事をする基本的な資格、CFPはより高度な資格で仕事をする際にも有力な武器になる資格です。FPの資格で仕事をするなら先ずAFPを目指しましょう。そのうえで実務経験を重ねてCFPを目指すのが良いでしょう。
FPの通信講座

【2024年】FP1級の通信講座 おすすめは?内容と安い価格で4社を比較!

FP1級の通信講座のおすすめは、講座内容が充実していて価格が最も安いアーティス(資格対策ドットコム)の「1級FP技能士資格対策講座」でした。この記事では講座を提供する4社を比較しました。FP1級の学科試験は難関ですので学科試験対策の通信講座を活用して効率的に受講対策を進めましょう。
FPの資格

簿記とFPのダブルライセンスのメリットは?両資格の違いや難易度も比較!

簿記とFPの両方を取得してダブルライセンスになれば、とくに金融業界では仕事の幅が広がります。この記事ではお金に関する深い知識を持つ人気の資格の簿記とFPの違い、ダブルライセンスのメリット、試験の難易度について説明します。どちらも難易度が高い資格ですので取得までのロードマップを描いて着実に進めましょう
FPの資格

FP(1級、2級)と宅建のダブルライセンスのメリット!どっちが難易度が高い?

FPと宅建の両方の資格を取ってダブルライセンスとすることで、とくに不動産分野の仕事の幅が拡がるメリットがあります。また、どっちの資格が難易度が高いのかデータを交えて説明します。ぜひFPと宅建の両方の資格を取得して、あなたの仕事を大きくパワーアップしてください。
スポンサーリンク