マネ識

ライフプラン作成

6つの係数をライフプランに活かそう!資金計画をより正確に

ライフプランの中に何年か後を見据えた資金計画を組み込む際に使える6つの係数があります。○年後に運用益も含めて○○○万円を貯めるに毎年いくらずつ貯金すればよいのか、あるいは○○○万円を運用しながら○年で取り崩すと毎年いくらずつ使えるかといった金額が簡単に求められる係数です。
2020.11.27
ライフプラン作成

ライフプラン表の作り方 お金の将来をシミュレーションしてみよう!

ライフプラン表は作り方が分かれば自分で作れます。ライフプランは一生涯にわたるお金の計画です。現在から数十年後までのライフプラン表を作ってシミュレーションすることで、あなたの家のお金に関する問題や課題が見つけられます。ゆとりある生活を目指して、ぜひチャレンジしてみてください。
2020.11.27
ライフプラン:支出

老後資金はいくら必要?いくらあれば安心できる?夫婦/独身で調査

老後資金は夫婦で約2,500万円、独身でも約1,900万円を用意しておく必要があることが分かりました。不足する場合の対策を説明します。必要な老後資金と準備する方法が分かれば安心して老後の生活を迎えることができます。一度は自分の老後資金の必要額と用意する方法を確認しておきましょう。
2020.11.25
ライフプラン作成

ライフプランとは?立て方を学んで人生で叶えたい夢を実現するノウハウ

ライフプランの立て方が分かれば将来も経済的に不安のない充実した人生を送ることができるようになります。この記事ではライフプランの立て方について入門的な内容をお伝えします。老後生活に入ってからお金が足りないことに気づいても遅いです。ぜひ一度ライフプランを作ってみましょう。
2020.11.20
ライフプラン:収入

年金いくらもらえる? 夫婦と独身の違いは? 早見表でラクラク試算

早見表あるいは「ねんきん定期便」で簡単に自分の年金を試算できる方法を説明します。自分や夫婦のおおよその年金額が分かりますので、将来のライフプランについてもより具体的に考えることができます。公的年金は退職後のライフプランの重要な要素の一つですから一度は確認してきましょう。
2020.11.19
ライフプラン作成

ライフプランをモデルケースで作ってみた 4人家族の例でシミュレーション

ライフプラン専用ソフトで4人家族をモデルケースにシミュレーションしたら将来の金融資産がマイナスになってしまいました。ライフプラン表を1回でも作ってみれば将来の状況がより明確に正確に分かります。ぜひ一度、あなただけのライフプラン表を作ってみることをお薦めします。
2020.11.19
ライフプラン作成

40代、50代からのライフプランはリスク管理、資産運用も考えることが大事

定年や退職が視野に入ってきた世代が考えたいライフプラン作りやリスク管理、資産運用の考え方を紹介します。ライフプランはとても重要です。この記事を読めば将来にわたって経済的に不安のない、自分のやりたいことができる充実した人生を送ることができるようになります。
2020.11.18
リスクマネジメント

生命保険 損害保険など保険の種類と覚えておきたい契約者保護の仕組み!

この記事では民間の保険会社が募集している生命保険や損害保険、第三分野の保険の全体像を説明します。保険には国や地方自治体が運営している公的保険(社会保険)と民間の保険会社が運営する指摘保険があります。それぞれで役割が異なりますので、リスクに備えて上手に使い分けていきましょう。
2020.11.18
リスクマネジメント

社会保険とは?種類は5つ しっかり活用しよう

社会保険の種類は5つ、医療保険、介護保険、年金保険、労災保険、雇用保険です。社会保険は国民を対象に政府が整備している大事な保険で、全員が加入し何かあれば給付も受けることができます。しかし知らないと給付を受け損なうこともあります。ぜひ社会保険の基本を理解しておきましょう。
2020.11.18
リスクマネジメント

保険でリスクマネジメント!ライフプランで考えるリスクとは?

ライフプランで必要なお金は自力で用意するのが基本ですが予測できないリスクの補償は保険でカバーします。保険の加入は不要な保険に入ったり必要以上に高額な保険金を設定しないようライフプラン全体を意識して検討します。ライフプランをシミュレーションして必要な金額を見積って進めます。
ライフプラン:収入

個人年金保険とは?メリット・デメリット、保険料の控除を解説

個人年金保険は着実に貯蓄ができますし税金面で控除もありますが、大きなリターンがあるわけでもなくインフレに弱い点がリスクになります。個人年金保険の内容、メリット、デメリットに加えて、気になる税金の控除についても解説しています。加入するかどうかは、これらをよく吟味して決めてください。
2020.11.15
資産運用

投資信託とは 初心者にもできる?メリット、デメリットも解説

投資信託のメリット、デメリットを説明します。投資信託はNISA(一般NISA)や積み立て前提の「つみたてNISA」「iDeCo」など税制面の優遇や投資コストの低下傾向もあり投資しやすい環境が整ってきています。資産形成の手段の一つとして検討してみてください。
2020.11.12
タイトルとURLをコピーしました